ECOLOGY

 


企業が社会活動を行う上で環境への取組みは欠かすことが出来ません。
当社は総合建設業として、工事現場及び本社・関連施設において、環境保全活動を実施して参ります。

行動指針
  • 事業展開に該当する法律・条例・協定などを遵守する。
  • 施工計画の段階で建設副産物注1)の発生を抑制(Reduce)させる。
  • 工事現場では発生した建設副産物を積極的に再使用(Reuse)する。使用できない副産物は再利用(Recycle)可能な施設に搬入する。
  • 本社管理分門において、購入消耗品等については地球環境に配慮した商品を購入すること。
  • 全社員は会社活動以外の部分においても環境に配慮する精神の維持に努めること。
  注1)「廃棄物」と資源として再生利用される「再生資源」を含めた総称


平成20年7月22日
代表取締役   佐  藤  勝  利